バイアグラの副作用

頭痛と男性

どんな有効的な薬でも副作用はつきものといえるでしょう。個々の体質に合った薬を処方できるのが一番望ましいのですが、生産性の兼ね合いから、難しいのが現状です。従って、体質に合ってない=副作用による発症が生じてしまうのです。

バイアグラの副作用として最も多く報告されているのが、めまい、顔の火照り、頭痛です。バイアグラを服用すると急激に血行が良くなることから、血圧が低下します。めまいは、この血圧の低下によって引き起こされる症状です。顔の火照りや頭痛は、血の巡りを良くするために頭部の血管が拡張したことで起こる症状といえます。

バイアグラの血行促進作用は全身のあらゆる箇所に及ぶため、顔以外の箇所でも様々な症状がみられます。鼻粘膜の充血による鼻詰まりや鼻血、消化管の充血による消化不良や胃痛を訴える人もいます。また、血液を全身に送り出す心臓の負担が大きくなることから、胸痛、動悸、頻脈などの症状が起こる場合もあります。これらの症状は、バイアグラを服用するほとんどの人に起こりえる副作用です。どれも一時的な症状なので、そこまで深刻になる必要はありません。しかし、身体の健康状態によっては深刻な事態を引き起こす場合もあるため、バイアグラを服用する際には体調管理などに気をつけましょう。

こうした副作用に加え、一緒に使用することを禁止されている薬があります。併用禁忌薬に指定されている薬を併用すると命に関わる重篤な副作用が発生するため、既に服用している薬があれば必ずバイアグラ処方時に医師に確認する必要があります。主に、塩酸アミオダロン製剤と硝酸剤(飲み薬だけでなく、塗り薬や貼り薬などあらゆるタイプが禁止されている)です。

ただリスクを背負ってまで服用を拒まないでください。飲み方を守ればEDどころか、改善された事実においても心から救済されるでしょう。

Copyright(c) 2018 EDに悩む男性へ。バイアグラを通販で購入しよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com